ドイツ料理なら「ドイツ料理の魅力」へ!

ドイツの料理

世界にはさまざまな料理がありますが、ハンバーガーはアメリカ、焼肉は韓国、タコスはメキシコといったイメージがあることでしょう。日本の料理のイメージというと、やはり刺身が有名です。中国は国土が広いだけに、各地でそれぞれの食材を使った料理が発達しています。中国では辛い料理を好む人も多いということですが、一般に料理に少し辛さをつけたい時には、ラージャオフェンというトウガラシをすりつぶした粉をふることがあるようです。また、黒コショウや普通のコショウも辛さを加える時に使用されるということです。中国にはカレーライスや肉じゃがなどの日本の料理はまだまだあまり知られていないようです。しかし、大都市の発達したところでは、各国の料理が好んで食べられているようです。中国の北部では、お米よりも小麦粉を使った料理のほうが好んで食べられているようですが、日本人としてはお米を毎日食べたいと思われることでしょう。そして、欧米の料理について考えてみると、ハンバーグやステーキなどといった料理では日本でも人気の洋食ですが、ヨーロッパの各国の料理の特徴や家庭料理についてはまだまだ知られていないことが多いようです。ドイツの国の中でも、北ドイツと南ドイツとでは気候が少し違うということも関係してか、作物の豊富さにも違いがあるようです。南ドイツは暖かな気候が幸いして、さまざまな作物が収穫できるのですが、北部はそれほど作物を入手することが出来ないようです。ですから、ドイツの北部で発達した料理は、少ない材料でも満足できるようなレシピが多いのです。